10月 202013
 

オリコン によると。

“ビッグダディ”こと林下清志さんの元妻で、タレントの美奈子が、同じシングルマザーたちから総ツッコミされ、「久々に泣きました」と自身のブログにもつづっていたフジテレビ系バラエティー『全力教室』(毎週日曜 後9:00)が、20日に放送される。自伝『ハダカの美奈子』の執筆や、ブログの開設、バラエティー番組出演など、芸能活動も軌道に乗りつつあるが、「子どもたちがグレたら私も終わりだと思います」と、自らを戒める。

「久々に泣いた」美奈子を直撃取材

番組は4月から放送されていた『テレビシャカイ実験 あすなろラボ』で人気を博した著名人による「授業企画」に特化させた教育バラエティー。リニューアル初回の“講師”に、6人の子供たちを一人で育てるシングルマザーでもある美奈子が抜てきされた。

“生徒”のシングルマザー20人の前で、自分流の子育てに関する授業を行う――ということで、まず「親だからって子供にカッコつけない」という切り口から授業を始めようとした美奈子だが、何気なく発した「実は今、再婚したくてしょうがない」という一言が“生徒”たちの逆鱗に触れた。

「本(『ハダカの美奈子』)には、“もう再婚しない”と書いてあった」、「そもそも、ビッグダディと再婚した理由が分からない」、「再婚しないとか、再婚したいとか、コロコロ意見が変わりすぎ」などと激しく責め立てられることに。特に、ビッグダディとの離婚については、「甘えていただけではないか」、「もっと、ビッグダディを支えるべきだったのでは?」など、辛らつな意見が美奈子を襲う。

他局の番組で「シングルマザーを支援するNPO活動がしたい」と語っていた美奈子にとっては、ショックだったのでは? 美奈子は「やれるか、どうか不安だったんですけど、いきなり20対1の学級崩壊状態になるとは…。私の生き方にアンチが多いことも知っていたんですけど、ここまでアンチが集まるとは思ってなかったので、びっくりしたというのが正直なところですね。でも、非難の声を聞くのも嫌いじゃないので」と打たれ強さをみせる。

収録では「言いたいことがうまく言えなかった」と悔やむ。気持ちが高ぶって涙は流したものの、「番組も観てくれて、本も読んでくれて、ありがたいと思っていました」と怒りの感情はなかったという。

“再婚”については改めて「子どもがいるから恋愛しない、再婚しないという考えは私にはない。タブー視する世の中をなんとかしたいくらいです。シングルマザーだって恋愛をしていいと思う」とキッパリ。「親が楽しく幸せに生きてないと、子どもを幸せにすることなんてできない。私は、自分が幸せになるためだったら行動するし、自分の幸せは子どもたちの幸せなくしてはあり得ないし。家族が増えたら楽しいし、みんなで幸せになりたい」と持論を展開した。

今年4月に離婚した林下さんとは再婚。「その時、子どもの育て方もいろいろあるんだと学びました。どれが正解でどれが不正解か、私にはわかりませんが、子どもたちは元気に育っているので間違っているとは思いません。一人で悩んでいるシングルマザーには、私みたいにとんでもない母親もいると思えば、少しはホッとできるんじゃないかな」。

20対1の状況は、授業が終わる頃には「17人の方とLINEでグループを作って、忘年会をしようと予定しています。その中の4人とはすでにご飯に行きました」というコミュ力たるや恐るべし。「シングルマザーを集めてミーティングをやりたいと思っていたので、今回、番組の中でできてよかった。シングルマザーの支援活動の話も着々と進んでいるので、もっとがんばりたい」と話していた。

司会は『あすなろラボ』に続き、お笑いタレントの加藤浩次とフリーアナウンサーの高島彩が担当。スタジオには、授業内容に則したコメンテーターとして、シングルマザーの古村比呂、高岡早紀、室井佑月、山口もえが登場する。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>