10月 302013
 

産経新聞 によると。

 22年前にフジテレビ系で放送され大ヒットしたドラマの中国映画版「101回目のプロポーズ~SAY YES~」が全国公開されている。ヒロインの「矢吹薫」役の中国版にあたる「葉薫(イエシュン)」役は、「レッド・クリフ」シリーズで注目されたアジアのトップスター、林志玲(リンチーリン)(38)が演じている。

 映画は今年2月に中国で公開され、660万人を動員、興行収入30億円以上の大ヒットとなった。その半年後には台湾でも公開され、話題を集めた。

 ドラマは中国や台湾で何度も繰り返し放送されている。ドラマの大ファンだという林は、「自分がヒロインを演じるなんて夢にも思いませんでした。出演の話があったときは本当にうれしかった。オファーには1秒の間も置かずに『SAY YES!』って返事しました」と、ウインクして親指を立てた。

 中国で好まれる映画やドラマは生活感があるものだという。「荒唐無稽な夢物語ではなく、実際に起こりそうなストーリー。結婚するにはお金や社会的地位が必要だと考えて悩んでいる若者が多いので、好きな人を決してあきらめないというこの映画のストーリーに共鳴する人が多かったのではないでしょうか」

 映画の舞台は上海。内装業の黄達(ホアンダー)(黄渤(ホアンボー))は99回目のお見合いに失敗。そんなときに美しいチェリストの葉薫と知り合う。偶然が重なり、2人は急接近してゆく。

 「痛いほどの愛情を、せりふではなく、表情やしぐさで表現する場面があります。とても美しいシーンです。本心に従って気持ちをぶつける場面もあって、共感していただけると思います。22年前にドラマで熱くなった方々と、劇場でお会いしたいですね」(櫛田寿宏)

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>