11月 182013
 

Movie Walker によると。

約5年ぶりの来日となるキアヌ・リーブス。真田広之を「高度な技術、ジェントルマン、アーティスト」と絶賛し、「彼と共演できただけでも誇りに思う」とコメント

ハリウッドの一流スタッフと日米の豪華キャストでつづる3Dアクション・エンタテインメント『47RONIN』(12月6日公開)。独自の世界観による“未体験の忠臣蔵”として話題となっている本作の来日記者会見が、11月18日、六本木のザ・リッツ・カールトン東京で開催。約5年ぶりの来日となったキアヌ・リーブスをはじめ、真田広之、浅野忠信、菊地凜子、柴咲コウ、赤西仁、監督のカール・リンシュが登壇し、製作の裏側に迫るコメントを残した。

キアヌは「この映画は浪人を主人公にしたストーリー。日本人にはなじみ深い『忠臣蔵』を脚色したものです。僕が演じるカイという役は、言ってしまえばアウトサイダー、部外者なんです。彼が故郷、名誉、武士道を取り戻していく。忠臣蔵を描いたユニークな話なんだ」と本作を解説した。

率先して現場をまとめたという真田広之は、キアヌに対し「彼は世界的なスターでありながら、いい意味で“普通の人”。シャイで謙虚なんだけど、自分に厳しく、人にやさしい。これは武道の精神に通じるし、彼の演じた役の通り。現場に慣れない日本人キャストのケアも笑顔でやっていた。そこは本当に尊敬します」と称賛の言葉を送った。また、特殊な現場の状況に触れ、「みんなで一緒に作っていった。世界各国から集まったスタッフたちが、このチームならではのオリジナルを模索したんです。みんなでコラボレーションを楽しむという非常に充実した時間でした」と撮影を思い出していた。

カイと身分違いの恋に落ちる姫・ミカ役の柴咲コウは「私にとって初めてのハリウッド映画作品。撮影当初は緊張していたけど、監督が導いてくれたおかげで、伸び伸びと感情表現ができた。初めての経験を楽しむことができました」とコメント。真田演じる大石の息子・主税役を演じた赤西仁は「大きな城のセットにビックリした。監督もキアヌも演じやすい環境を作ってくれたので、緊張せずにハリウッドデビューすることが出来ました」と語った。

企業のCMを多く手掛け、本作で長編初監督となったカール・リンシュは「映画が完成したのが、大きな誇り。東洋的な題材を、西洋のフィルムメイカーが映画化するという壮大なプロジェクトだった。本作では忠義、復讐、あきらめないこと、という普遍的なテーマを扱っている。世界中の人に楽しんでいただけるはずだ」と強調。

本編完成後の会見は、世界中でもこの日が初めて。会場には多くの報道陣がつめかけるなど、本作の注目度の高さをうかがわせた。『47RONIN』は全世界に先駆けて12月6日(金)より日本公開となる。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>