1月 242014
 

講談社 JOSEISHI.NET によると。

外ではメイクもファッションもバッチリな、バリッといい女でも、自宅に帰れば誰も見ていない一人行動。人に見られたくない姿や、心の裏側をたっぷり紹介した『VOCE』3月号の人気連載「100人ネット 心の裏側」。
現代美女が一人になった時だけに見せる「死んでも見られたくない姿」を紹介します。会社や外ではスキのない美しさを維持しても、一人になると、リラックス感モリモリの、とんでもない行動をしているんです。

●遠距離恋愛中の彼と自宅でスカイプするときは、髪を巻いてフルメイク。上半身のみモテ着を着用。しかし、下半身はパンツ一丁かつむだ毛もボーボー。(31歳・営業事務)

●彼がいるときは、ゴミひとつない美部屋を維持。でも、ひとりのときは、ブーツのままで忘れ物をとりに行くくらいズボラ。(32歳・不動産)

●ズボンをストンと脱いで、八の字型になったものが家じゅうに点在。その姿は遺跡のよう。また着るときにはきやすいけど、シワになるのが残念。(38歳・派遣)

●家では全裸。テレビを見ながら寝転んでポテチを食べていたら、電線工事のおじさんと目が合った!? 堕落した全裸姿を曝していても、無意識に腹をひっこめる自分の“痩せて見せたいプライド”にビックリ。(36歳・官公庁)

●片手に棒アイスを2本ずつ持ち、計4本を口にツッコミ一気食い 甘さが口中に広がって満足~。(26歳・学生)

ほかにも、多くの美女が「人がいないところで」している行動は、アイスのフタをべろべろ舐める、お惣菜をパックのまま食べる、炊飯器からご飯を直食い、枕カバーとシーツは洗わないなど、想像もつかない行動のオンパレード。

また「一人遊び」としてネット調査の結果も紹介しています。上位に食い込んだのは、1位は500ピース以上のパズル・79人、2位は枝毛切り・76人、3位は編み物・49人、4位はぬりえ・43人、5位はマンガの朗読、どれもひとりだからこそ楽しく、ストレス解消にもピッタリです。
美女は常に美女ではなく、一人の時に思いっきり気を抜いているのです。今、一生シングルの人が増えていますが、誰かと一緒に住んだり、結婚したりするより、今がいい感じ、と思うのかもしれません。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>