1月 292014
 

東スポWeb によると。

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属する日本代表FW香川真司(24)の去就報道がヒートアップしている。

 マンUがスペイン代表MFファン・マタ(25)を獲得。香川は苦境に立たされているが、英テレビ局「BBC」(電子版)は「監督の信頼を得られていない。ベンチに追われるか、W杯イヤーに最悪の展開になるかもしれない」と指摘。構想外でベンチに入れない可能性もあるという。

 スペイン紙「マルカ」は、香川獲得を狙うアトレチコ・マドリードに対し、マンU側が移籍金1500万ユーロ(約21億円)を要求していると伝えた。すでに地元紙では古巣ドルトムント(ドイツ)への復帰をはじめ、チェルシー(イングランド)、インテル(イタリア)への移籍が報じられた。欧州の移籍期限となる31日が迫っており、周囲は騒がしくなるばかりだ。

 香川サイドは一貫して移籍を否定しているが、マンUでの出場機会激減は間違いないだけに“駆け込み移籍”が成立してもおかしくない状況だ。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>