4月 062014
 

スポニチアネックス によると。

 俳優の仁科克基(31)が、交際していたタレントの矢吹春奈(29)と破局したことが5日、分かった。

 昨年8月に始まった交際に終止符が打たれたのは今年2月。スポニチ本紙の取材では、仁科の身勝手な浮気が原因だ。2人をよく知る友人によると、1月中旬にキャバクラ勤務の女性を自宅マンションに連れ込んでいた時に、同居していた矢吹が帰宅。インターホンを鳴らしても応答がなかったため不審に思い、合鍵を使って入ったところ、仁科と女性がベッドで寝ていた。寝室はコトを終えた後としか考えられない状態だった。

 その後の修羅場の様子について、友人は「激怒した矢吹さんは2人にグーパンチを食らわせたそうです。仁科さんは土下座して謝ったが、全く許してもらえず、矢吹さんはそのまま荷物を持って出ていってしまった」と明かした。

 矢吹と連絡が取れなくなった仁科は、2月に入ってから、都内のデートスポットに来てほしいと一方的にメールを送信。反省していることを伝えて復縁を懇願するつもりだったが、矢吹は約束の時間になっても姿を見せなかったという。仁科は2月25日のブログで「一度、無くした者は戻ってこないものですね」などと後悔の念をつづっていた。

 2人は、仁科の実妹で矢吹と同じ事務所に所属するタレントの仁科仁美(29)を通じて出会い、交際を始めた。一昨年10月にタレントの多岐川華子(25)と離婚していた仁科による猛アタックが実った形だった。

 矢吹は昨年11月にイベントに登場した際、取材陣から、仁科のキャバクラ通いを指摘されても「気にしてませんよ」と余裕を見せていた。結局、周囲の心配が的中する格好で2人の恋は終わってしまった。

 ◆仁科と多岐川の離婚 約2年の交際を経て2011年1月に結婚。性格の不一致と生活のすれ違いが原因で溝が深まり、12年7月から両家による協議がスタート。12年10月に離婚が成立した。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>