4月 282014
 

FRIDAY によると。

 どうやらウワサは本当だったようである――。都市伝説のように囁かれ続けてきた、あのビッグカップルの極秘デートを本誌は目撃してしまったのだ。

 井上真央(27)と松本潤(30)。片や’11年放送の朝ドラ『おひさま』に主演し、来年には大河ドラマ『花燃ゆ』の主演という大役も控えた国民的女優であり、片や、トップアイドルグループ『嵐』のメンバーだ。

「’05年にドラマ『花より男子』で共演して以来、ファンの間では、井上と松潤が親しい関係にあると、事あるごとに騒がれていました。ネット上には、二人がおそろいの海外ブランドのリングをはめていると推測する画像も出回っているんです」(スポーツ紙記者)

 しかし、二人が密会する決定的な場面が報じられたことはいまだ皆無といっていい。それもそのはず。二人のデートは、周囲の協力のもと、「超厳」態勢で決行されていたからである。
.

灯りの消えた店内から……

 まだ冷たい空気が東京の街を覆っていたある夜、井上の姿は都内の閑静な住宅街に建つ真新しい一軒家にあった。この日彼女は、公開中の主演映画『白ゆき姫殺人事件』の舞台挨拶を終えて、両親とともに暮らす家へと帰宅したのである。

 しかし、帰宅してから3時間ほど経った夜10時半、井上は一人、自宅を出て流しのタクシーを拾う。帽子&メガネ&マスクという「完全武装」が、彼女がこれから向かう先が特別な場所であることを物語っている。

 井上は周囲を警戒しながらタクシーに乗り込むと、数分ほど走ったところで車を降りる。誰かに突然呼び出されたのであろう。目的地を検索しているのか、スマホの画面を見つめ右往左往している。そうやって行き着いた先は個室完備の高級焼き肉店。ラストオーダーぎりぎりの時間であるにもかかわらず、井上は躊躇することなく店へと入って行った。

 人気もまばらな深夜の外出だというのに、井上が過剰ともいえる警戒を見せたのにはワケがある。そう、焼き肉店で彼女を待っていたのは、他ならぬ松潤だったからなのだ。

 閉店時間を2時間も過ぎ、入り口も施錠された午前2時。灯りも消え、すっかり暗くなった店の従業員専用口から井上が姿を現す。警戒して周囲を見回す従業員に手招きされながら、一人、タクシーに乗り込み自宅方面へと去って行った。

 その5分後、従業員専用口から時間差で出てきたのはサングラス姿の松潤。同じくジャニーズの生田斗真(29)も一緒だ。二人は通りでタクシーを拾い、住宅街へ走り去った。

「松潤は『花より男子』の共演者とは、いまでも仲が良く、特に小栗旬とは、彼の結婚式にも参列しているほど。時間さえ合えば、生田も交え3人でしょっちゅう一緒に飲んでおり、このメンバーに井上が女子一人で加わることもあるそうですよ」(

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>