4月 302014
 

Book Cafe 矢来町ぐるり によると。

 沢尻エリカ(28)が連ドラに帰ってきた!

 2006年放送の『タイヨウのうた』(TBS)以来、じつに8年ぶりの主演となるのは、4月19日に始まったフジテレビ土曜23時枠のドラマ『ファースト・クラス』。ファッション誌編集部を舞台に、沢尻扮する新米編集者が成り上がるシンデレラストーリーである。

 まずはドラマの出来をライターの吉田潮氏に問うと、

「自分の方が上であることを言葉でさりげなく誇示する“マウンティング女子”を描いているのですが、彼女たちの内心を字幕で説明する手法が、くどい」

 と手厳しいが、さらに、

「共演には、佐々木希(26)と菜々緒(25)。棒演技の2人を使うのは、もはやフジくらい。過去の騒動でイメージが悪い沢尻エリカを含め、世間的にはダメな人を救ってあげる懐の深さを感じました」(同)

 昨年暮れに高城剛氏(49)との離婚がようやく成立した沢尻にしてみれば、心機一転のドラマ主演だった。しかし、蓋を開けてみると、視聴率は6・5%。同局同枠で放送されたドラマ初回のうち、07年以降で最も低い数字である。

 これについて、

「同じフジでも月9『極悪がんぼ』は主演の尾野真千子(32)が番宣に出まくっていましたが、こちらはそれが少なかった。ドラマの存在が認知されれば注目されるのでは」(同)

 という分析もあれば、

「沢尻エリカの名前が注目されなくなってきている。内容も、女社会に翻弄される役柄と彼女は合っていない。07年の“別に……”発言や、一昨年公開の映画『ヘルタースケルター』で演じた全身整形モデルの印象が強すぎるんです」(芸能評論家)

 という意見も。

「最近の彼女からは藤原紀香(42)の臭いがします。髪を掻き上げる仕草や、“私が、私が”という自我が惨み出てしまっている感じ。騒動前はそんなことはなかったはず。『1リットルの涙』(05年、フジ)の頃の、純朴なエリカはもう見られないのかな……」(吉田氏)

 苦い再デビュー。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>