7月 162014
 

毎日新聞 によると。

 テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市此花区)に15日オープンした映画「ハリー・ポッター」の世界を再現した新エリアで、乗り物型アトラクションの安全センサーが異常を示し、2時間停止するトラブルがあった。乗客にけがはなかった。

 停止したのは、乗客の前に設置されたスクリーンの映像に合わせて座席が動き、空を飛んでいるような体験ができるメインアトラクション「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」。午後1時ごろ、アトラクションの動きや速度を感知してプログラムを制御するセンサーが異常を示したため、運転を停止。乗客を降ろして営業を取りやめ、約2時間後にセンサーを交換し復旧した。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>