8月 082014
 

まんたんウェブ によると。

 フィギュアスケーターの安藤美姫さんが、9月10日に放送されるNHK・Eテレの語学教養番組「スーパープレゼンテーション」にゲスト出演することが8日、明らかになった。番組ではスーパーモデルのキャメロン・ラッセルさんが「美の基準」について異議を唱えるプレゼンを紹介。安藤さんはスタジオナビゲーターを務める女優の吹石一恵さんとともに「美」について語り、「五輪に出場した18歳のころ、自分の外見にコンプレックスを感じ、自信を失っていた」「米国に行き、ある言葉をきっかけにコンプレックスも自分らしさだと思えた」などとスポーツ選手としての「見た目」で悩んできた過去や本音を明かす。

 「スーパープレゼンテーション」は、世界が注目するアメリカのプレゼンイベント「TED」から、世界を変える人々の驚きの発想を英語で学ぶ番組。これまで、ビル・ゲイツさんや「U2」のボノさんら、あらゆる分野の最先端の人々のプレゼンを取り上げてきた。今回紹介されるプレゼンでは、ラッセルさんが、きらびやかなファッション業界の裏側を暴露し、人種や容姿で定義されてきた「美しさの基準」に異議を唱える。

 Eテレのスタジオトークに初出演となった安藤さんは、容姿についてコンプレックスを抱くようになった十代の頃や、コンプレックスについての考えが変わったきっかけなどについて語り、「やっぱり女性は、心がヘルシーで体もヘルシーが一番美しいと思う。自分とまず向き合って、コンプレックスもいい意味で自分らしさだと捉えられるようになるといいのかなと思いました」とコメントしている。安藤さんが出演する「スーパープレゼンテーション ~キャメロン・ラッセル~」は9月10日午後10時から放送予定。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>