8月 132014
 

日刊スポーツ によると。

<全国高校野球選手権:鹿屋中央2-1市和歌山>◇13日◇1回戦

 市和歌山が初戦で散った。先制し、8回に同点に追いつかれた後も、先発赤尾千尋(3年)が粘り強く投げ続けた。味方の援護を待ったがあと1点が遠かった。

 1-1のままで迎えた延長12回裏、1死一、三塁。打球は二塁手山根翔希(3年)の前へ。山根はその球をバックホームせず一塁へ送球。その間にサヨナラの走者が帰った。それまで好守備で再三ピンチを防いできた山根だったが「バウンドが変わって頭が真っ白になった」。

 甲子園の独特の雰囲気がいつものプレーをさせなかった。

 

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>