9月 222014
 

オリスタ によると。

9/29(金)発売の『オリ★スタ』の特集企画は、毎クール恒例の『ドラマAWARD 2014夏』。女性読者1000人が選ぶ助演俳優賞1位には、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジ系)で、主婦の紗和(上戸 彩)に惹かれる既婚男性・北野に扮する斎藤 工が輝いた。上戸との共演についてや、9/25(木)放送の最終回に期待することを語ってくれた。

――1月クールの『僕のいた時間』(フジ系)に続き、今クールの『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジ系)でも斎藤さんが助演男優賞の1位になりました。まずは、その受賞の感想をお願いします。
斎藤 なんでしょう? スポーツなどの世界とは違い、ランキングされるということがあまりない職業なので、お年玉をいただいたような感覚です。ありがたい気持ちもありつつ、鵜呑みにして調子に乗ると消えていく自分の姿も想像できるので(笑)、改めて身を引き締めようとも思います。
――上戸 彩さんとのお芝居はいかがですか?
斎藤 僕が台本でいくら読み込んでいっても、実際に現場で上戸さんがどういう表情をされるかはわからないんです。見たこともない表情をされるので、ドキッとさせられることもよくあります。そんなときの僕のリアクションも大事だなと。現場で、生っぽい化学反応が、そのまま観ている人に伝わると思うので、作為を入れずにやっていたい。なので僕の力ではないんです。上戸さんをはじめ、周りの方たちに北野像を作ってもらっている感じですね。
――最終回のヒントを少しだけ明かしていただけますか!?
斎藤 まさか死ぬとは……。というのはウソです(笑)。僕にもわからないんです。毎週、短距離走を全力でやっている感覚で。どうなるんだろう? 題材的に“ザ・ムービー”とかにはならないと思うんですけど(笑)。そんなニーズもあれば素晴らしいですよね。僕も、こんなに反響のある作品に関わったのは初めてで。でも不倫を賞賛するドラマではないので、罪と罰は描かれなければならないと思います。いかに人間関係の歯車が狂っていくのか、そこは気になりますね。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>