10月 172014
 

FRIDAY によると。

17歳年下の彼女に会うときは常に厳戒態勢の竹野内豊。キャップを被っていないのは珍しい
永遠のモテ男と17歳年下のFカップ女優の熱愛をフライデーがキャッチした!
 40歳を越えてブルーリボン賞主演男優賞を受賞、最近では「通りすがりのガスマニアです」とボケる『東京ガス』のコミカルなCMが話題となるなど、再ブレイクした感のある竹野内豊(43)が「朝ドラヒロイン」と結婚目前であることをフライデーが報じている。

「今年4月、竹野内が都内に豪邸を建てたときは、芸能マスコミは『いよいよ結婚か!』と色めき立ちました。ところが、家族と暮らすために建てたということで騒ぎは沈静化していたのですが・・・・・・」(スポーツ紙芸能担当)
 
 だがフライデーは、竹野内が17歳年下の美女と「結婚寸前」の交際を続けていることを、1年近く写真に撮りだめており、その恋物語をまとめて公開したのである。
 
 
 竹野内が、いま週3回は車を止めているコイン・パーキングがある。そこから歩いて彼が向かうのが女優の倉科カナ(26)の部屋である。2006年の「ミスマガジン」でグランプリに輝いた倉科は2009年、主演したNHK朝の連続ドラマ『ウェルかめ』でブレイク。
 
 プライベートでは『よゐこ』濱口優(42)との交際が報じられたが、交際から3年半後に破局した。そのころ、撮っていたドラマ『もう一度君に、プロポーズ』(TBS系)で、倉科は竹野内に想いを寄せる役を演じている。
 
 このカップルが倉科の暮らすマンション付近で頻繁に目撃されるようになったのは、昨年の秋口ごろのこと。
 
 当時もいまも超厳戒ぶりは変わらず、竹野内は歩いて5分以上かかる遠くのパーキングにクルマを停め、人通りが絶えるのを待って、暗がりを歩き公園を抜けて、倉科のマンション脇の裏口から入る徹底ぶり。こんな調子でイヴとクリスマスに連続で訪問していた。
 
 実は倉科、妹と同居しているのだが、いまも竹野内はおかまいなしに逢瀬を重ねている。フライデーの直撃に、ポニーテール姿で豊かな胸を揺らしながら倉科は、交際を一応否定しようとしたのだが……。

「実家がブリーダーをしていた彼女は、いつも犬に囲まれて生活していた。東京でも猫を飼い、最近、仔犬を飼い始めたんだとか。かたや竹野内も大の犬好き。二人ともクソがつくほど真面目な性格ですし、ピタリと吸いつくように相性が良いのでしょう」(制作会社スタッフ)

 雑誌のインタビューで「結婚はふつうにしたい」「子どもも女の子と男の子、両方ほしい」と語っていた竹野内。おそらく、その日は遠くない。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>