8月 132018
 

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートのアイスショー「ザ・アイス」が28日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で幕を開け、平昌五輪女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は新シーズンのショートプログラム(SP)「オペラ座の怪人」を世界初披露した。

 冒頭の3回転ルッツで転倒するも、その後は優雅な演技で会場を魅了。シーズン開幕へ向け「イメージが伝わるように、たくさん練習して頑張りたい」と笑顔で話した。

 フリーは「カルメン」を演じる予定。「全く違うプログラムだけど、できるだけ違うイメージが伝えられるように演じたい。今シーズンも、今までと同じだけどクリーンに滑ることが目標」と力強かった。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>