1月 082015
 

デイリースポーツ によると。

 不倫騒動による芸能活動休止から復帰した元モーニング娘。の矢口真里が7日、フジテレビ系バラエティー番組「超ホンマでっか!?TV新年なのにこの先どうしていいか分からない超豪華超本気人生相談」に出演し、「この先どうしたらいいか分からない」と悩みを告白。あまりに率直な内容にMCの明石家さんまは本気でアドバイスした。

 矢口は「これまであっち系のイメージ…不倫とかのイメージがなかったので、これからどうやってキャラクターを展開していけばいいのか」と語った。

 これにさんまは「オレの楽屋に来い!」と言いつつ、「(話題を)振られたら答えるというのがいい」と自身も離婚歴があるせいか、自信を持ってすすめた。

 また、評論家の池田清彦氏(生物学)が「悪女に徹したら」との案を出すと、さんまは「難しいな。自分から行くなよ。待てよ。懐深く」とここでも笑いを取らずに真剣にアドバイス。共演したマツコ・デラックスは「面白いこと言えなくなる」とツッコんでいた。

1月 072015
 

デイリースポーツ によると。

 今年4月にアナウンサーとして入社する内定を日本テレビから出されていた大学4年の笹崎里菜さんが、東京・銀座のクラブでアルバイトをした経験があったことを理由に内定を取り消されたことは不当として、日本テレビを相手に起こした地位確認を求める訴訟の和解へ向けた協議が7日、東京地裁で行われ、和解が成立する見通しが立った。

 裁判所が日本テレビと笹崎さん側の両当事者にアナウンサーとして採用することを織り込んだ和解勧告をする用意があると伝えた。笹崎さん側代理人の緒方延泰弁護士は、アナウンサーとして入社する以外の和解は受け入れるつもりはないとしており、和解成立は日本テレビが笹崎さんの入社を認めることを意味する。

 和解成立の時期について、緒方弁護士は「和解がありうるなら、(次回期日の)15日より前であることは間違いない」としており、近日中の和解成立が視野に入っている。今年4月の入社へ“スピード解決”が実現する可能性が高まった。

 協議を終えた緒方弁護士は手応えとして、「私どもが望んでいる方向でいくと思っております。女子アナとして彼女が活躍していける道筋は十分ある」と述べた。笹崎さんがアナウンサーとして問題なく活躍できるように、研修などのプログラムがどう組まれるかといった詳細を詰めた上で、近日中にも両当事者に裁判所から和解案が提示される見通しだという。

 訴状によると、笹崎さんは13年9月、日テレのセミナーに参加し、今後他社への就職活動をしないことを条件に内定通知を受けた。だが、14年3月、人事担当者に「母の知り合いのクラブで短期のアルバイトをしたことがある」と伝えると、5月に内定取り消しを通知された。

 内定取り消しの通知書には「アナウンサーの高度の清廉性が求められる」、「セミナーで提出した自己紹介シートにクラブのアルバイト歴を記載しておらず、虚偽の申告をした」などと理由が書かれていたという。

1月 072015
 

フジテレビ系(FNN) によると。

日本マクドナルドの商品に、異物の混入が確認された問題で、2014年9月、京都府の店でも、ホットケーキにアクセサリーの金具が入っていたことがわかった。
京都府の女性によると、2014年9月27日、宮津市の176宮津店で購入したホットケーキに異物が入っていた。
日本マクドナルドが調べた結果、ネックレス、またはブレスレットの留め金だと考えられるという。
購入者は「1cm前後くらいのもの。不信感しかない。怖いし、たぶん、もう二度と行かない」と話した。
マクドナルド側は、「製造工場内で混入した可能性は、極めて低い」とする一方、購入者の女性に対しておわびしている。
また沖縄県では、マフィンにプラスチックが入っていたとして、会社側が「再発防止に努める」との文書を購入者に提出した。
マクドナルドをめぐっては、青森県の三沢店で、ナゲットにビニールのようなものが混入していたことが確認されて以降、商品に異物が混入していたという指摘が相次いでいる。
大阪・河内長野市の店舗では、2014年、購入者からマックフライポテトに人の歯のようなものが混入しているとの苦情があったという。
大阪の利用客は、「もうちょっと、ちゃんとしてほしいかな」、「怖いですよね。びっくりします」などと話した。
また、東京都内や福島・郡山市の店でも、商品に異物が混入していたということで、日本マクドナルドは、7日午後、都内で記者会見を開き、説明する。

1月 062015
 

FOCUS-ASIA.COM によると。

日本男子フィギュアスケート界の王子、羽生結弦について、韓国のネット上で「同性愛」説が飛び交っていることを受け、日本のネットユーザーたちが「悪意の中傷」と怒りをあらわにしている。6日付で騰訊体育が伝えた。

昨年のソチ冬季五輪で金メダルを獲得して以来、日本では空前の「羽生結弦ブーム」が巻き起こっている。思わぬケガを負いながらもGPファイナル連覇を成し遂げ、男子フィギュア界の絶対王者の地位を不動のものとした。年末に「尿膜管遺残症」と診断され手術を受け、1カ月は安静が必要とのこと。3月に上海で行われる世界選手権に出場できるかどうかに日本中の関心が集まっている。

ところが、隣の韓国では羽生の「性的指向」に興味が集中しているようだ。韓国での羽生の評価は「キム・ヨナ並みのカリスマ性」と肯定的だが、ネット上は羽生に対する中傷に満ちている。「本当は性格が最悪」「キム・ヨナとオーサーコーチが仲違いしたのも、羽生のせい」など。韓国の検索サイトで「羽生」と打ち込むと、真っ先に出てくる候補は「GAY」。羽生を同性愛者だと言い切る理由については、「何となく見た感じで」「衣装が女っぽい」「あの美しい演技はゲイだからこそ」。

「キム・ヨナとお似合いだと思っていたが、ゲイだったとは残念だ」「日本の全国民が熱狂するフィギュア王子がゲイとは笑える」などと皮肉っている。日本メディアがこれを報じると、すぐさま反撃が始まった。日本のネットユーザーたちは「キム・ヨナ引退後の後継者が韓国フィギュア界には1人もいないから嫉妬しているだけ」「韓国人の心の狭さは宇宙無敵」「羽生に対する悪意の中傷」「羽生を整形女と一緒にするな」などと反論している。

1月 062015
 

日刊スポーツ によると。

 女子フィギュアスケートの浅田真央(24)の姉でスポーツコメンテーターの浅田舞さん(26)が5日、「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演。豊胸疑惑について「全然ない」と否定した。

 昨年12月発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)で初のグラビアに挑戦した舞さん。撮影はグアムで行われ、舞さんは抜群のスタイルを披露したが、その豊満な美乳について一部で豊胸を疑う声もあがっていた。 

 くりぃむしちゅー有田哲平(43)から「それ本物なの?」と追及され、カメラに自身の胸にアップを撮られると、舞さんは「本物です」と照れながら返答。「よくマネージャーさんとか『豊胸してないよね?』と確認されました」と身近な関係者からも疑われたことがあることを明かした。

 有田から「身近な人だって、そう(豊胸した)思うんだから、僕くらいの人間はみんな思う」とツッコまれ、さらにほかの出演者からも疑いを掛けられたが、浅田は必死に手を振って「全然ない」と改めて疑惑を否定した。